支援団体に寄付する2.22 猫の日特集 不幸なネコを救うために私達にできること

シェルターって何?支援を待っている保護ネコたちの生活

日本では、平成26年(2014年)だけで、約97,000頭の猫が自治体の保護施設などに収容され、そのうちの約79,000頭の不幸な猫たちが殺処分されています。(環境省自然環境局資料より)
今回は、自治体の保護施設や保健所に来た猫を一時的に保護し、新しい飼い主を探す活動をしている「NPO法人 犬と猫のためのライフボート」を訪問し、どのような活動を行っているか、保護猫がどのように生活をしているかなどのお話をうかがいました。

※猫の現状についてはこちら(2015猫の日特集「かにゃしい現実」)

  • -どのような活動をしているか教えてください。

    ライフボートでは、保健所などの行政機関で殺処分されるはずだった犬と猫を施設に一時保護し、里親さんを探すことで救命を行っています。日本では珍しいアニマルシェルター(飼育保護施設)を持ち、年間1,500頭を超える里親募集活動だけではなく、先天性疾患・身体障がいなどで譲渡が困難な犬と猫の終生飼育も行っています。
    また、施設内には付属動物病院を持ち、施設の犬猫のための医療や保護犬猫専門の外来診療を提供しています。
    支援してくださっているみなさまのおかげで、施設を立ち上げてから14年間で9,000頭近くの猫を救うことができました。

  • -どのような支援を受け付けているのでしょうか?

    ドライフードや缶詰など犬や猫たちが暮らすために必要な物資を受け付けているほか、施設で犬猫のお世話をしてくださるボランティアさんを募集しています。
    必要なご支援は時期や状況によって変わるので、団体のホームページを確認のうえ、そのときに合ったご支援をいただけるととてもうれしいです。
    また、支援物資では賄いきれないフードなどの消耗品、医療費や施設の維持管理費用など、お金が必要なことも多くあるため、1円でも寄付募金をしていただけるととても助かります。例えば、500円集まると子猫1匹のドライフード1カ月分になり、1,000円集まると病気予防のワクチン接種が1回分になります。

保護・譲渡活動に募金する

「Yahoo!ネット募金」では、クレジットカードのほか、Tポイントで1ポイントから募金できます。
保護猫たちを助けるのには多くの支援が必要です。
みなさまからのご支援お待ちしております。

クイズに挑戦!ネコのことを知って広めよう

「猫って1年間にどのくらい猫を産むの?」「費用っていくらかかる?」知っているようで意外と知らないことをクイズにしました!
クイズで学んで、みんなに広めよう!

  • 猫は1年間で何頭の猫を産む?

    (1) 3〜5頭

    (2) 5〜10頭

    (3) 20頭以上

    答えを見る

    (3) 20頭以上

    猫は生まれた翌年には確実に繁殖できるからだに成長します。1回の出産で4~8頭の子猫を産み、1年に2~4回の出産が可能な繁殖効率がとても高い動物です。餌を与えてかわいい姿を楽しむだけでは、責任のある飼い主とは言えません。去勢・不妊手術をすることはかわいそうなことではありません。不幸な猫を増やさないためにも、子猫を飼ったら不妊・去勢手術をしましょう。
    環境省「ふやさないのも愛」より

  • 猫を飼いたい! ペットショップ以外にも入手できる場はある?

    (1) ある

    (2) ない

    答えを見る

    (1) ある

    ペットショップ以外に、動物愛護団体や自治体の保護施設でも入手できます。
    飼い主不明で保護されたり飼えなくなったりして引き取られたペットや、災害で飼い主を失ったペットを新しい飼い主に譲渡する事業を、自治体の動物愛護センターや民間の動物愛護団体などが行っています。保護されたネコなので、生年月日や年齢など不明なものがほとんどですが、体格や性格がある程度わかっている利点もあります。
    ペットショップから入手する場合は、複数の店舗を回って、店の雰囲気や動物の管理、衛生状態、スタッフの動物に関する知識やアドバイスなどを比較して、気に入ったお店を探しましょう。
    環境省「見つめ直して人と動物の絆」より

  • 猫はどこで飼うのが正しい?

    (1) 室内

    (2) 屋外

    (3) どちらでも問題ない

    答えを見る

    (1) 室内

    屋外は猫にとって危険がいっぱいです。猫エイズや猫伝染性腹膜炎などの感染症や交通事故、予期せぬ繁殖などがありますので室内で飼いましょう。
    上下運動をできるスペースや隠れ場所などを用意してあげると猫は室内でも快適に暮らせます。
    また、室内で飼う場合も不妊・去勢手術をしましょう。病気予防やストレスの軽減になり、脱走した際に望まない妊娠を予防できます。
    突然の災害や脱走に備えて、マイクロチップや首輪などで身元表示をしておくと、突然の災害や脱走した際に迷子になることを防げます。
    環境省「宣誓!無責任飼い主0宣言!!」より

  • 猫が生活するのに1年間にどのくらいの費用がかかる?

    (1) 5万円〜10万円

    (2) 10万円〜15万円

    (3) 15万円以上

    答えを見る

    (3) 15万円以上

    猫を飼い続けるには、フードや日用品、治療費など約18万円の費用がかかると言われています。飼い始めてから経済的な理由で行き詰まらないように、あらかじめ必要な費用を考えておきましょう。
    環境省「飼う前も、飼ってからも考えよう」より
    保護されたネコたちも同じくらいの費用がかかっています。支援団体への寄付はこちらから。(Yahoo!ネット募金)

  • 1年間にどのくらいの猫が殺処分されている?

    (1) 約27,000頭

    (2) 約79,000頭

    (3) 約90,000頭

    答えを見る

    (2) 約79,000頭

    日本では、年間で97,922頭が各自治体の保健所などに引き取られ、79,745頭が殺処分されています。(数字は環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」平成26年度より)
    自治体に引き取られた数の5分の1が飼い主からの引き取りでした。飼い主からの引き取りを少なくするために、「親猫に去勢・不妊手術をさせ、これ以上子猫を増やさない」よう飼い主に指導している自治体もあります。
    また、地域住民がルールに基づき適切に飼育管理(フードやふん尿の管理、周辺美化など)をし、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的とした「地域ねこ活動」をやっている地域があります。各自治体や愛護団体はさまざまな施策で殺処分をできる限り減らし、最終的にはゼロにすることを目指しています。
    環境省「ねこの適正な飼養管理を推進するために」P16より

支援団体に募金しよう

猫たちを救うため、さまざまな団体が活動しています。ここではYahoo!ネット募金に掲載している団体の活動を紹介します。
活動には多くの支援が必要です。
Yahoo!ネット募金はクレジットカード決済のほか、Tポイント1ポイントから募金可能です。みなさまからのご支援をお待ちしております。

    • 認知

    2020年までに犬猫の「殺処分ゼロ・放棄ゼロ・虐待ゼロ」を目指して

    一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル

    「クリステル・ヴィ・アンサンブル」は滝川クリステルが代表をつとめる動物福祉・生物多様性保全団体です。

    • 4,127,377円
    • 10,340人
    寄付する
    • 中間支援
    • 里親募集

    「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」をつくる

    フェリシモ基金

    「動物と人がともにしあわせに暮らせる社会」をめざし、全国の大きなシェルターを持つ団体から、地域密着型の小さな団体まで、さまざまな規模の殺処分ゼロを目標に活動を続けられている約50のボランティア団体、NPO法人を支援しています。

    • 2,139,043円
    • 7,270人
    寄付する
    • 里親募集
    • 保護活動

    社会が不幸なネコを生み出さないために

    LOVE&PEACE Pray

    人と動物がともにいい関係を保ち暮らしていくために、私たちにもできることがあります。それは無力な動物達に生きる力と場所と家庭を見つける手助けをすること。行き場を失う動物を生み出さない社会にする手助けをすること。

    • 2,137,150円
    • 6,370人
    寄付する
    • 里親募集
    • 保護活動
    • 認知

    「シェルターから伴侶動物をもらう」という選択肢がスタンダードになるように

    NPO法人 東京キャットガーディアン

    「足りないのは愛情ではなくシステム」を掲げ、常設の譲渡会場として保護猫カフェの運営や、猫付きマンション・シェアハウスなど、日常の中で保護活動に参加しやすい仕組み作りを行っています。

    • 2,385,828円
    • 5,951人
    寄付する
    • 里親募集
    • 保護活動
    • 認知
    • その他

    道東初の保護型猫カフェで、北の猫たちを救いたい!

    NPO法人 猫たちを守る十勝Wishの会

    北海道・十勝で2008年から保護型猫カフェ始めました。最近ではSNSなどの効果もありさまざまな応援をいただいています。地方だからこそできる、市民の皆さんを巻き込んだ草の根運動的な活動にも今後取り組んでいく予定です。

    • 860,234円
    • 3,578人
    寄付する
    • 里親募集
    • 保護活動

    1頭でも多く保護し、1日でも早く里親さんを見つけてあげたい

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    保健所で殺処分されるはずだった犬と猫を保護して、里親さんを探すことで命を救う団体です。施設には付属の動物病院をもち、飼育・健康管理・譲渡までを一貫して行っています。14年間の活動を通して、13,000頭以上の命を救ってきました。

    • 66,098,264円
    • 134,484人
    寄付する

チャリティーオークションでネコを救おう

  • 滝川クリステルさんが代表をつとめる「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」がチャリティーオークションを開催します。
    落札金額は「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」に寄付され、殺処分ゼロのための活動に使用されます。

    開催期間 2016年2月22日 〜 2月28日
チャリティーオークションで支援

その他の支援の仕方

拡散して支援する

多くの方に知ってもらうことが支援につながります。

  • シェアする
  • ツイートする
掲載期間:2016年2月15日~終了日未定